墨つぎ

0

    全国学生書道展の副賞

    今年からトロフィーは、大賞、準大賞だけになり

    その他の賞は、小筆になりました。

     

    子供たち、トロフィーを楽しみにしてたので

    残念がるかなぁ。

     

    経費削減なんでしょうね。

    仕方ないです。

     

    今日は大人の初級クラスで質問が。

     

    半紙に六文字書く際に

    墨つぎは、五文字目で1回だけして欲しいと

    先生に言われても

    二文字目で既に、かすれてしまうと。

     

    それで、同じ筆、同じ紙で私が書くと

    五文字目まで墨がもちます。

     

    理由は、筆のどこを使っているかではないでしょうか。

    筆は、円錐形。

    紙は平面なので、筆の腹だけで書いていると

    その部分の墨が足りなくなります。

    背や側など、筆の全面を使って書くには

    練習がいります。

     

    写真は夜の子供のクラスの兄妹。

    いつも居残って一生懸命書いています。

    四文字、たっぷり墨が入って

    元気良く、伸び伸びしてます。

     

    墨、筆、難しいですが

    一歩ずつですね〜

    わかる時、感じる時が楽しいです。

     

     

     

     

     

     


    | 1/94PAGES | >>

    プロフィール

    profilephoto
    書道家  長澤 祥邨
    【ナガサワ ショウソン】
    活動内容
    ●お店の商品ラベル、包装紙、看板、のれんなどの作成●企業のビジネスマナー講師●企業理念、題字、表彰状等製作●大人のための書道教室開催

    水明書道会漢字、仮名師範。京都に生まれ、千葉県船橋市で教室をしています。初心者の大人の方や、子どもたちに基礎から丁寧に指導いたします。今後は、実家の京都でも月に一度、教室をしたいと思っています。お気軽にお問合せください。

    現代書道とは

    私の学ぶ現代書道は、古典に基づく書道です。 独自に作った文字を、筆と墨を使って楽しく書くアート書道等とは、全く別のものです。 数千年の歴史ある書道を学び、現代に通じる作品を創作することで、後の世に残していく、そんな活動を目指しています。

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode