芥川賞受賞作【影裏】

0

    沼田真祐さんの【影裏】を読みました。

     

    描写力は、完璧で、驚きます。

    天才的な言葉の使い方は、丁寧なのに無駄がなく

    知的教養に溢れ、さすが芥川賞。

    読んでるうち、この描写に魅了され

    心地良かったです。

    しかしクライマックスでは、

    作者が伝えたいことが、私には分からず。

     

    芥川賞選考委員の選評を読んでみると

    村上龍さんの選評が、ぴったりきました。

    物語は、予定調和の連続で

    読み手の想像力を喚起されることがなかったと。

     

    作家は、伝えたいことを伝える自由と

    同時に伝えない自由もあるそうです。

    しかし読み手は、それを発見できなかったら

    納得できないような。

    伝えない自由は、高度な技ですものね。

     

    今、私の教室では、童謡書道展の創作中です。

    皆さん、一生懸命構成を考えておられます。

    創作とは、小説を書くのと同じで

    見た人がどう感じるか

    自分は何を表現したいのか

    しっかり考えることだと思います。

     

    沼田さんの他の小説も、読んでみようと思います。

    私に発見できないだけなのかしら。

     

    芥川賞選考委員の方々の選評は

    はっきりと好き嫌いが明言されていて

    すがすがしいです。

    好き、嫌いを言うことが許される

    貴重な場所みたいです。

     

     


    | 1/33PAGES | >>

    プロフィール

    profilephoto
    書道家  長澤 祥邨
    【ナガサワ ショウソン】
    活動内容
    ●お店の商品ラベル、包装紙、看板、のれんなどの作成●企業のビジネスマナー講師●企業理念、題字、表彰状等製作●大人のための書道教室開催

    水明書道会漢字、仮名師範。京都に生まれ、千葉県船橋市で教室をしています。初心者の大人の方や、子どもたちに基礎から丁寧に指導いたします。今後は、実家の京都でも月に一度、教室をしたいと思っています。お気軽にお問合せください。

    現代書道とは

    私の学ぶ現代書道は、古典に基づく書道です。 独自に作った文字を、筆と墨を使って楽しく書くアート書道等とは、全く別のものです。 数千年の歴史ある書道を学び、現代に通じる作品を創作することで、後の世に残していく、そんな活動を目指しています。

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode