書き初めの困ったアルアル

0

    書き初めのアルアル

     

    収筆で、ザラザラした線を

    どうすれば綺麗にまとまるかと

    ご質問がありました。

     

    これには三つの方法があります。

     

    まず、原因

     

    書き初め用の筆は、毛質が硬いものが多く

    線を引くスピードのまま筆を離すと

    毛の一本一本がザラザラに出てしまいます。

     

    一つ目の改善方法は、収筆でスピードを落とし

    二秒数えてから筆を離します。

    この二秒で、毛と毛の間に墨が滲んで

    ザラザラを埋めます。

    注意してほしいのは

    収筆で筆を抑えつけてしまうこと。

    これはNGです。

    塗り潰したり、団子が出来るのは

    良くありません。

     

    さらに高度なテクニックは

    二秒の間に毛を起こすことですか

    これは訓練がいります。重力に逆らう方法です。

     

     

    二つ目は、墨の量を増やすこと。

    毛にたっぷり墨が付いていると

    毛がまとまります。

    にじむのを恐れて、ギリギリの墨で書くと

    その様になります。

     

    三つ目は、毛質の柔らかい筆にすること。

    これは扱いが難しいなるので

    慣れていない場合は、おすすめしません。

     

    以上の方法でザラザラは解説すると思います。

     

    2018年12月30日

    マンツーマンレッスンの後

    五年生の女の子は

    お迎えに来てくださったお母様に

    お点前を。

     

    感謝の気持ちを伝えられたと思います。

    親孝行なお嬢様と優しいお母様。

    素晴らしい親子さんで微笑ましい光景でした。

    見ている私が幸せをいただきました。

     

    2018年は皆さんどんな年でしたか?

     

    私は最高に幸せな年でした。

    春には子供の生徒が、日本代表として訪中。

    大人の生徒さんには書道教室開業のお手伝いが出来ましたし

    師匠とパリ展にも行けました。

     

     

    沢山のイベントで、生徒さん同志も仲が良く

    絆が深まった1年になりました。

     

    これも師匠やお仲間の皆様、そして

    家族のおかげと感謝いたします。

     

    皆さまにとって

    来年も素晴らしい年になりますよう

    心よりお祈りします。

     

    つたないブログを読んでいただき

    ありがとうございました。

     

    来年もよろしくお願いします!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    書道家  長澤 祥邨
    【ナガサワ ショウソン】
    活動内容
    ●お店の商品ラベル、包装紙、看板、のれんなどの作成●企業理念、題字、表彰状等製作●大人のための書道教室開催

    水明書道会漢字、仮名師範。京都に生まれ、千葉県船橋市で教室をしています。初心者の大人の方や、子どもたちに基礎から丁寧に指導いたします。実家の京都でも月に一度、のし書きや名前の基礎を教える活動をしています。親子、個人レッスンなどお気軽にお問合せください。nknaao.802@gmail.com

    生徒が出せる公募展

    ◉全国学生書道展【千葉県立美術館】 ◉日本童謡の書道展【千葉県立美術館】 ◉日本武道館書き初め大展覧会 ◉水明書道展【京都市美術館】

    教室日時【大人の部】

    ◉火曜日午前10時、午後2時 ◉水曜日午前10時 ◉木曜日午後7時 ◉土曜日午前10時

    教室日時【子供の部】

    ◉月曜日午後4時、5時 ◉火曜日午後6時 ◉木曜日午後5時、7時 ◉土曜日午後3時

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode